立川歯周病研究所(近藤歯科クリニック監修)
ブログ
  • HOME »
  • 歯周病と漢方

歯周病と漢方

歯周病を東洋医学的な概念で分類してみました

1.免疫低下型

歯肉の炎症傾向が少ないにもかかわらず、わずかな出血や排膿が続いたり、歯肉の退縮したり、歯がグラグラしたりする場合があります。生体の防御反応の低下が考えられます。温清飲(うんせいいん)はこの適応となります。

2.炎症型

歯肉が赤く腫れ、痛みもあり、出血、排膿などの炎症症状が著名に認められる場合。大柴胡湯(だいさいことう)、黄連解毒湯(おうれんげどくとう)、排膿散及湯(はいのうさんきゅうとう)はこの分類時の適応です。

歯周病の漢方処方(口腔漢方医・王龍三、王宝禮著 医歯薬出版より)

○比較的体力のある人 大柴胡湯(だいさいことう)
黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
○体力中等度 温清飲(うんせいいん)
排膿散及湯(はいのうさんきゅうとう)
○体力低下・比較的虚弱な人 補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

さらに、口腔漢方治療について詳しいことを知りたい方はこちら

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ