立川歯周病研究所(近藤歯科クリニック監修)
ブログ
  • HOME »
  • 歯ぎしり、食いしばり

歯ぎしり、食いしばり

歯ぎしり、食いしばり

◎歯ぎしり(グラインディング)、食いしばり(クレンチング)は、歯が悪くなる原因として、最近、歯科ではたいへん注目されてきました。歯ぎしり、食いしばりは両方あわせて、ブラキシズムといいます。

グラインディング クレンチング

◎クレンチングによる歯の変化

(デンタルハイジーン別冊知っておきたい「力」のこと牛島隆他著より写真引用)

1.歯がすり減る 2.歯が欠ける
1.歯がすり減る 2.歯が欠ける
3.歯の根元が削れる 4.歯が割れる
3.歯の根元が削れる 4.歯が割れる
5.歯がグラグラになる 6.肩こりや顔の筋肉の痛み
歯がグラグラになる 肩こりや顔の筋肉の痛み
7.入れ歯が壊れる
入れ歯が壊れる

◎歯ぎしり、食いしばりは、下図のように、咀嚼筋(咬筋、側頭筋、顎二腹筋)、胸鎖乳突筋などの、過度の緊張で起こります。

咀嚼筋(咬筋、側頭筋、顎二腹筋)、胸鎖乳突筋などの、過度の緊張

そして、×印のついた、こめかみ、耳の下あたり、首に痛み、こわばり、凝りが出やすいのです。
さらに、その関連痛として、赤色部分に歯痛として出現することもあります。

▲歯ぎしり、食いしばりのTOPへ

歯ぎしり、食いしばりの人へのアドバイス

歯ぎしり、食いしばりは無意識のうちにやっていることがほとんどです。

たとえば、本を読んでいる時、パソコンをしている時、車の運転をしている時、家事をしている時など、日常数え切れないほどです。また、睡眠時の、歯ぎしり、食いしばりも多くみられます。

では、このような、歯にも、周辺の組織にもダメージを与える“歯ぎしり、食いしばり”に対して、どのように対処していけばいいのでしょうか?

▲歯ぎしり、食いしばりのTOPへ

日中(睡眠時以外)の状況での対策

長時間、同じ姿勢を続けないこと

人、それぞれ違いますが、長時間、同じ姿勢を続けないことです

本を読んだり、ずっと座って仕事をしている、趣味に熱中する、スポーツを過度にする、長時間の運転をする・・・などです。これらは、力仕事をしているように、筋肉の緊張が高まり、無意識のうちに食いしばっていることが多いです。

あと、最近、多くみられるのが、 パソコンを長時間やることです。インターネットの普及により、情報収集が便利になりましたが、つい、長時間やりすぎてしまうようです。

したがって、何かする時は(人によって違いはありますが)1時間以上、同じ姿勢を続けないことです。座りっぱなしの時などは、ときどき、歩き回って、体をほぐすようにしてください。

あと、食いしばりはいけないと意識し、どんな時に食いしばっているかを、ご自身で確かめてみることです。そして、どんな時食いしばることが多いか確認できれば、意識して、食いしばりを減らしていくことが可能です。

さらに、長時間の運転やスポーツ時、仕事など、しなくてはならない時はマウスピースをつけるのも効果的です。 ただ、マウスピースはあまり習慣的に長期間つけると、顎関節などによくないといわれています。

▲歯ぎしり、食いしばりのTOPへ

睡眠時の対策

睡眠時は無意識であるため、決め手となるものはありませんが、普段から、食いしばりに注意していれば、無意識下においても、ある程度は防ぐことはできます。

意識下のトレーニングは無意識下に少しずつ入っていくというわけです。

あと、就寝時の頭の向きもいつも、左右側どちらかに偏っている場合は、それを改善するようにしてください。

だいたいに場合、下にしているほうの歯を強く食いしばってしまい、しかも、頭の重さもかかってきますので、歯も、 歯ぐきも、顎関節も弱ってきます。

眠る前に歯ぎしり、食いしばり注意と自己暗示をかけるのも一つの方法です。

歯ぎしり、食いしばり

▲歯ぎしり、食いしばりのTOPへ

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ